+design

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似合うスーツを見つける7つのポイント


スーツが似合っているからと言って受付の美人な女性が振り向くとは限りませんが、取引先には良い印象を与えることでしょう。


スーツ
 



米「Esquire」にスーツがピッタリ合っているかすぐにわかる7つのチェックポイントが載っていました。




スーツ

1. 肩線(もしくは肩パッド)の終わりが、自分の肩と合っている。
2. ジャケットの一番上(もしくは真ん中)のボタンを留めている時に、真っ直ぐにした手の平が襟の下にすんなりと入り、襟の下に握り拳を入れた場合はボタンのところが引っ張られる。
3. 2つボタンのジャケットの一番上のボタン、もしくは3つボタンのジャケットの真ん中のボタンが、おへそよりも下にきていない。
4. 腕を横に下ろしている時に、拳はジャケットの裾と同じ高さにある。
5. 手の親指の付け根と手首の境目のところにジャケットの袖口がきている。
6. ジャケットの袖口からシャツの袖口が0.5~1.5cm見えている。
7. パンツの裾口は2.5cmほど折り返している。




何度も言いますが、だからといって受付の(略


Esquire/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。